NKNの強み

各部門の強みを活かした提案型の製品作りで、お客様のニーズに対応いたします。

鉄工所からスタートしたNKN は、加工部門において技術や品質に
大きな強みがあります。
その加工部門の強みを活かし、等速ジョイントの製作に携り、
あらゆる産業で有効利用できる産業用ジョイントを開発いたしました。

そして、等速ジョイントの技術は、自動車補修部品である
ドライブシャフトにも活かされております。

企画・開発力の強み

ドライブシャフトの開発については、長年製作し続けたノウハウを活かし小型モビリティー・電気自動車など特殊車輌に対しての開発・提案を行っております。
産業用等速ジョイントに対しては、等速ジョイントの技術を活かしお客様の使用条件にあったジョイントを設計開発〜提案〜製作まで対応しております。また、加工部門においても自動車用パーツを製造しておりました実績を活かし精度に拘った加工や加工方法などの提案など対応しております。

加工部門の強み

加工部門の強み
  • お客様のご要望や問題点を汲み取り、コスト削減、加工内容、ロット数などの改善策や、設計・製造・組立てのアドバイスまで、様々な視点からご提案をいたします。
  • 幅広い分野に携わり、切削加工はもちろん協力企業のタイアップにより熱処理、表面処理、組立てを行った上、完成納入も可能です。
  • 一般鋼、アルミ鋳造、ステンレスなど様々な素材の加工が可能であり、CADCAMを活用し、複合機(5軸加工)によって難作加工にも対応いたします。
加工部門の詳細はこちら

産業用ジョイントの強み

小型等速ジョイントの強み
  • 等速ジョイントの技術を活かし、産業用ジョイントを開発。狭いスペースの中で効率的に動力を伝えることができ、あらゆる産業分野で設計の自由度が広がります。
  • 強度、耐久性に優れ、動作中の振動が少ないなどの産業用ジョイントの特長を活かすことで、コスト削減などのご提案が可能です。
  • 小ロットにも対応し、即納できる管理体制が整っております。
産業用ジョイントの詳細はこちら

ドライブシャフトの強み

ドライブシャフトの強み
  • 小ロット、多品種にも対応できます。また、短納期の管理体制をとっております。
  • 表面の硬度が高くなり、かつ内部の粘り強さを維持できる「浸炭焼入れ」や、モリブデンの成分が金属の表面に浸透することで、金属同士の初期なじみを緩和する「二硫化モリブデンコーティング」など、NKN ならでは特長が活かされています。
  • 精度の高い技術や製品作りへのこだわりを活かした、補修部品として充実した品をお客様にご提供しております。
ドライブシャフトの詳細はこちら

これらの強みがあるからこそ可能な様々なご提案で、お客様のニーズにお応えいたします。

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る
設計、製造、出荷まで、全ての工程が自社管理。

等速ジョイント・加工部門共にCADによる設計図面管理を行っております。設計、製造、出荷まで全ての工程を自社管理することによって、高品質・低コスト・短納期を実現しました。また、充実の設備とベテラン技術者により、精密かつ高品質な製品を生み出します。

設計、製造、出荷まで、全ての工程が自社管理。

等速ジョイントをはじめ、取り扱い製品は約5,000種類以上。

等速ジョイントの製造販売により培った技術を活かし、加工調達分野における対応も可能です。昨今ニーズが多種多様化していく中、医療用機器産業・機械関連・チェーン関連等、幅広い分野に携っております。切削加工での納品はもちろん、協力会社とのタイアップにより、熱処理や表面処理、組立てを行った上、完成品としての納入も可能。

取り扱い製品は約5,000種類にのぼります。これからも多くのよりよい製品を、お客様のニーズに合わせてご提供してまいります。まずは、ご希望をお聞かせください。

お問い合わせはこちら
  • ドライブシャフト
  • 産業用ジョイント
  • 加工部門
ページ上部へ戻る
等速ジョイントのトップメーカーとして、躍進を続ける企業です。

弊社は、昭和33年の設立以来、自動車の補修部品と共に歩んでまいりました。 特に、等速ジョイント(ドライブシャフト)の販売は昭和60年より開始し、平成5年からは国内販売も開始しております。 自動車には、精度の高い技術や確かな製品作りが不可欠です。そのため弊社ではNC旋盤やMC(マシニングセンタ)、複合機などをいち早く導入し、お客様の多種多様なニーズにお応えしてまいりました。

まずは、弊社が自信を持ってご提供する等速ジョイントについてご説明いたします。

等速ジョイントとは?

駆動軸と被駆動軸の間に角度があっても、速度差がなく等速状態で回転を伝えることができるジョイントです。
ユニバーサルジョイント(クロスジョイント)が大きなジョイント角をとる場合は、回転を滑らかに伝えることができずに、非等速になります。そのため等速ジョイントの必要性が出てきます。

※等速ジョイントに関するお問い合わせはこちらから

ユニバーサルジョイント(クロスジョイント)

接合する角度が自由に変化するジョイントで、自在継手とも呼ばれます。駆動軸が一定速度でも、被駆動軸は加減速を繰り返しますので、角度が大きいと振動が発生し非等速となります。

※ユニバーサルジョイントとの違いをより詳しくお聞きになりたい方はこちらからお問い合わせください。

ユニバーサルジョイント(クロスジョイント)
  • 加工部門の強み
  • 小型等速ジョイントの強み
  • ドライブシャフトの強み
  • 等速ジョイントとは?
  • ユニバーサルジョイント(クロスジョイント)
ページ上部へ戻る
自動車部品・産業機械部品・等速ジョイントの総合メーカー エヌケーエヌ株式会社 ご質問、ご要望、資料・カタログ請求などお気軽にお問い合わせください。TEL 06-6745-2280 FAX 06-6744-1024 お問い合わせはこちら